デザイン・印刷からWeb活用まで株式会社小西印刷所

KONISHI

Adobe製アプリをスクリプトで操作するお話

HOME > コラム > Adobe製アプリをスクリプトで操作するお話

Adobe製アプリをスクリプトで操作する(Mac OS)

 

DTP作業に不可欠ともいえるAdobe製のデスクトップアプリケーション(以降アプリと略記)であるInDesign、IllustratorやPhotoshopを操作するには、主としてマウスやキーボードを使います。

 

別の手段として、アクション(マクロ)やスクリプト(プログラム)からアプリを操作する機能が組み込まれています。アクションやスクリプトを使用すれば、何度も繰り返す単純作業から解放されます。また、複雑な手順を間違いなく実行可能です。

 

最近だと事務作業でも、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)と呼ばれたりして省力化に一役買っています。

 

Adobe製アプリを操作可能なスクリプト言語は2種類あります。ひとつはWindowsとMac OSで使用可能なjavascript(ジャバスクリプト) 、もうひとつはMac OSでのみ使用可能なAppleScript(アップルスクリプト)です。

 

javascriptで書いたスクリプトは、WindowsとMac OSで同じスクリプトが使えるので便利です。また、javascriptはwebやその他のソリューションで広く使用されているため、参考書籍やウェブサイト、サンプルコードが豊富です。

 

一方、Mac OSでしか使えないAppleScriptはjavascriptに比べて知名度も低いですし、参考となる情報も少ない言語ですが、javascriptにはない大きなアドバンテージがあります。それは、AppleScriptはMac OS自体に組み込まれているスクリプト環境で、AppleScriptからMac OSの機能をコントロール可能なのです。

 

AppleScriptに対応しているアプリは、Finder(Windowsのエキスプローラーと同等のファイルブラウザ)をはじめとするApple製のアプリ、Adobeのアプリやサードバーティー製のアプリも多数あります。アプリによってAppleScriptの対応レベルに違いがあり、コントロールできる機能は異なりますが、マウスを使わずにアプリをコントロール可能です。いわばAppleScriptはアプリとアプリを繋ぐ「ノリ」の役目を果たすのです。

 

今回のコラムでは、AdobeInDesignとファイルメーカー、エクセルの3つのアプリで、相互にデータ入出力を行う簡単なAppleScriptのデモをご紹介します。データは一時的なテキストファイルを使用することなく、AppleScriptを仲介として、直接アプリ間でやりとりされます。

 

【デモムービー】

 

このように、アプリ間でのデータ入出力が可能です。デモムービーのスクリプトを改良すれば、手作業で作成されたInDesignやIllustratorファイルから、テキストデータ、フォントや色の情報、画像ファイル名、画像ファイルの保存フォルダパスの抽出など、さまざまなデータの取得や変更が可能となります。

 

弊社はAppleScript、javascriptそれぞれの長所を生かして、カタログの自動組版やWEBシステム開発など、お客様のご要望に柔軟に対応できる開発体制を準備しております。お困りごとがありましたら、気軽にご相談ください。

お見積り・お問い合わせ窓口

最先端の印刷技術と営業力の融合でお客様のご要望にお応えします。

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせお問い合わせ
ページの先頭へ
Copyright© 2020 KONISHI PRINTING CO.,LTD.