デザイン・印刷からWeb活用まで株式会社小西印刷所

KONISHI

ユニバーサルデザインフォント(UDフォント)のお話

HOME > コラム > ユニバーサルデザインフォント(UDフォント)のお話
何年か前から注目されている「ユニバーサルデザイン」という言葉をご存知でしょうか? 「できるだけ多くの人が利用可能なデザイン」というコンセプトで、対象を障害のある人や高齢者に限定していない点が「バリアフリー」との違いです。

ユニバーサルデザインの視点で、「読みやすさ」「誤読されにくさ」等に配慮して開発されたフォントが、ユニバーサルデザインフォント(UDフォント)です。 文字そのものの「見やすさ」「誤読されにくさ」に重点をおくため、長文になった際、読みやすさにかける所もあると言われていますが、新聞用の明朝体や、教科書用の書体も出ています。

実際に取り入れた例を上げると、公共の広報誌では「読みにくい」等の苦情が無くなり、試験問題に取り入れた際には、問題の読み間違いが減り、点数がアップした例もあるようで、現在もなおUDフォントの開発が進められています。

私達もUDフォントをよく使用しますが、何でもかんでもUDフォントを使用すればいいというわけではなく、全体のバランスや読みやすさなどを考慮し、試行錯誤を重ねて制作しています。

印刷業界では、古くから「文字組版」で読みやすい文字の並べ方というのがあり、ユニバーサルデザインに近い配慮がされていました。

私もユニバーサルデザインを勉強していた時に、今までの経験で自然にやっていたと思う事がいくつかありました。 少し人の事を思いやる気持ちを持った時、みんながユニバーサルデザインの開発に携わっているのかもしれないですね。

そう考えるとユニバーサルデザインやUDフォントをより身近に感じませんか?

小西印刷所のデザイン・制作サービス>>

お見積り・お問い合わせ窓口

最先端の印刷技術と営業力の融合でお客様のご要望にお応えします。

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせお問い合わせ
ページの先頭へ
Copyright© 2017 KONISHI PRINTING CO.,LTD.