創業98年の印刷会社。カタログ、パンフレット、Webサイト構築、動画制作

メールマーケティングの成果を左右する!重要なメール施策の効果測定と改善策とは?

HOME > コラム > メールマーケティングの成果を左右する!重要なメール施策の効果測定と改善策とは?
メールマーケティングは、適切な効果測定を行うことで、その真価を発揮します。本記事では、なぜ効果測定が成功のカギを握るのか、そしてどのようにしてデータを収集・分析するかを詳細に解説します。開封率やクリック率など、成果に直結する主要な6つの指標をはじめ、メールキャンペーンの改善に不可欠な戦略まで、実践的な分析手法を紹介します。


メールマーケティングを成功させるためには

メールマーケティングがビジネスの成長に欠かせない戦略となる中、メール施策の成果を分析することが企業にとって重要になっています。特に、中堅企業では、限られたリソースを最大限に活用する必要があるため、分析を基にマーケティング活動を行う必要があります。

なぜメールの効果測定が成功に必要なのか

効果測定は、メールマーケティング活動が目標達成に向かっているかを明確にします。メールの開封率やクリック率などの指標は、お客様の関心度を測定し、施策の改善に役立ちます。これらのデータを正しく分析し適用することで、より効果的な戦略を策定につながります。

具体的な測定手法

効果的な測定には適切なツールが必要です。最近では多種多様なメール配信ツールが存在し、それぞれにデータ分析の機能が備わっています。これらのツールを使用することで、メール施策の結果をリアルタイムで把握し、即座に改善策を講じることが可能です。

メール配信ツールを活用した分析

メール配信ツールには、開封率やクリック率などを一覧で見ることができます。これにより、各メール配信ごとの成果を即座に分析し、次の配信における改善点を把握することができます。

Google Analyticsによる分析

Google Analyticsを使用すると、メール施策がウェブサイトへの流入やお問い合わせにどのように影響しているかを分析できます。どのメールが最も効果的であったか、また顧客がサイトでどのように行動するかを計測することができます。

商談資料ダウンロード.png

効果測定時に分析すべき指標とは

成果が出たメールマーケティングの施策は結果が数値にも表れます。その数値、つまり成果を判断する指標を分析し、その分析結果を活用し改善を繰り返すことが重要です。

メールマーケティング分析

分析をするべき主要な6つの指標

まずは代表的な指標です。
メールの成果を測定するための6つの代表的な指標があります。各指標はメール施策ごとに数値が異なるため、どの部分がうまくいっているか、または改善が必要かがわかります。

①開封率

開封率は顧客の最初の関心を測る数値です。件名や送信タイミングが最適かどうかを数値に反映します。 一般的には15~20%が平均といわれており、開封率の良し悪しの基準となります。

②クリック率

クリック率は、メールの内容が顧客の関心をひき、行動を促せているかを測定します。この指標を分析することで、メール内容がニーズにマッチしているのかやメール本文のリンクの配置構成が適切かを判断できます。 クリック率は「 (メール内のURLクリック数 ÷ 配信リスト数) × 100」で計算でき目安として1.5~2%が基準となるため、この数値を下回った場合は注意です。

③コンバージョン率

コンバージョン率は、メール施策から自社が顧客に起こしていただきたい行動(CV:お問い合わせや資料DLなど)どれだけしていただけたかを示します。この数値が低いと、リンク先のコンテンツ内容や行動までの導線を改善する必要があります。 コンバージョン率は「 (CV ÷ リンククリック数) × 100」で計算でき、1~5%が目安となります。

④未達率

未達率は、配信リストの質を反映しています。この率が高いと、配信リストにメールが届かないリストが多い可能性があるため、配信リストの見直しをする必要があります。
未達率は「(エラーメール数 ÷ 配信リスト) × 100」で算出でき、平均は1.5%〜2%とされています。

⑤配信停止率

配信停止率は、メールの内容が顧客の期待に応えているかどうかを示します。停止率が高い場合は、顧客のニーズが変化していたりやコンテンツの質が顧客の期待に応えられていないことを示すため、改善が必要になります。
配信停止率は 「(配信停止数 ÷配信リスト) × 100」で算出でき、業種業界によって変動が大きい数字になりますが、一般的には0.25%~1%が平均とされています。

⑥直帰率

直帰率は、顧客がメールのリンクをクリックしウェブサイトへ流入してきたもののリンク先以外のページは見ずに離脱してしまた顧客の割合を示します。そのため直帰率が高い場合は、顧客ががサイトにとどまり、リンク先以外のページ以外でも行動してもらえるように、内容とデザイン両方の改善が重要です。

商談資料ダウンロード.png

メールマーケティングの改善策

効果的なメールマーケティング戦略は、継続的な分析と改善から生まれます。各指標が示すデータから、メール施策をさらに成果の出るものへと改善させる方法を探ります。

開封率を高めるためには

開封率を上げるには、件名の工夫が不可欠です。顧客の関心を引くために、簡潔で興味をそそる言葉を選び、適切なタイミングで送信することが肝心です。
また差出人名も個人の名前にすることで、1to1のメールのように感じさせ、開封率を高めます。

クリック率を高めるためには

高いリンクククリック率を達成するには、メール本文にてクリック先のコンテンツが顧客にとって重要であることを強調し、顧客にクリックしてコンテンツを見たいと思っていただけるようにすることが大切です。またクリック個所もメールを開封した際のファーストビューに表示されるようにすることで、クリック率の向上につながります。

コンバージョン率を高めるためには

コンバージョン率を改善するためには、具体的な呼びかけと明確な価値提供が重要です。顧客が何を得られるのかを明確にし、またコンバージョンのための行動もできるだけ簡単なものにすることで、コンバージョン率の向上が期待できます。

配信停止率と未達率を抑えるためには

配信停止率と未達率を減らすには、メール内容のターゲットを具体的にし、ターゲットにとってニーズの高いコンテンツを提供することが必要です。顧客にとってニーズの低いコンテンツだと、最初はメールを見ていただけても、ゆくゆくは必要ないと思われてしまいます。そのため、定期的にリストも更新し、顧客の興味に合わせてコンテンツを準備する必要があります。

商談資料ダウンロード.png

その他に気にすべき指標

メールマーケティングの効果をさらに詳しく把握するためには、代表的な指標をに加えて別の視点からも分析することで、より精度の高いメール施策につながります。

費用対効果

費用対効果を分析することで、メール施策自体の数値結果だけでなく、メール施策かけた費用からどのくらいの成果につながったのか見極めます。
どの戦略が最もリターンを生んでいるかを明確にすることで、今後のメールマーケティング施策拡大などの判断基準にできます。

メール配信直後の顧客反応

メールを受信した後の顧客の行動分析することで、メールの開封やリンククリックされやすい時間帯などを把握することができます。これを利用して、配信のタイミングや内容を最適化できます。

ールマーケティングで継続的に成果をだすには

継続的なメールマーケティングの成果は、分析から得られる学びとそれを基にした改善が行えているのかに依存します。効果測定を通じて得られる知見は、より成果につながるマーケティング施策へと続く道しるべとなります。
メールマーケティングは一度きりの施策ではありません。メルマガ配信により顧客と関係を構築していき。お問い合わせや商談につなげる中長期的な施策です。 そのため継続的にメール施策の効果を測定し改善を重ねていくことが成功への一番の近道です。

商談資料ダウンロード.png

お見積り・お問い合わせ窓口

最先端の印刷技術と営業力の融合でお客様のご要望にお応えします。

お問い合わせフォームはこちら

小西印刷所お問い合わせお問い合わせ
資料ダウンロード資料ダウンロード
ページの先頭へ
Copyright© KONISHI PRINTING CO.,LTD.