デザイン・印刷からWeb活用まで株式会社小西印刷所

デザイン・印刷からWeb活用まで株式会社小西印刷所

今すぐできる!QRコードを使った印刷物の効果測定

HOME > コラム > 今すぐできる!QRコードを使った印刷物の効果測定

印刷物でもキャンペーンや広告施策の効果測定ができる!

Webや映像などのデジタル媒体に比べて、チラシやDMなどの紙媒体(印刷物)は効果が見えづらいとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

たとえば広告チラシやキャンペーンDMといった印刷物の効果測定。一般的には専用の検索キーワードやプロモーションコード(クーポン)を掲載して反響を知る方法などがありますが、いずれもそれなりに手間やコストがかかってしまいます。

 

キャンペーンや広告等の施策にどのぐらい効果があったか、もっと手軽&正確に測定できたら…
そんなお悩みを解決するのが「QRコードを使った効果測定」です。この方法なら、今すぐ簡単に、コストをかけずに試すことができ、効果を客観的な数値として測定することができます。

 

印刷物からWebに誘導してユーザーに何らかの行動(問い合わせ、申し込み、エントリー、購入等)を促したい場合には、QRコードを活用したこの方法がとくに有効です。

 

たったの3ステップ!QRコードの効果測定方法

QRコードで印刷物の効果測定をする方法はたったの3ステップです。(Googleアナリティクスを導入していることが前提となります)

(1)パラメータを設定したURLを作成する
 (Google提供のURL生成ツールCampaign URL Builderを使うとカンタンです)

(2)そのURLでQRコードを作成し印刷物に配置する

(3)Googleアナリティクスでアクセス結果を確認する

 20220121_QR_zu.jpg

 

パラメータとは、特定の文字列のこと。URL内に埋め込むことで、QRコードからのアクセスの識別が可能になります。パラメータは複数設定できるので、例えばエリアごとやキャンペーンごとに個別のQRコードを掲載すれば、それぞれの反応率を計測することも可能です。

 

Googleアナリティクスでは

・印刷物から流入したユーザー数

・流入したユーザーの行動(問い合わせ、申し込み、エントリー、購入等)

・流入したユーザーの滞在時間

といったデータを調べることができます。
これらのデータを分析することで、より効果的な施策を考えることが可能になります。

 

反響が見えづらい、効果が測りにくいと思われがちな印刷物ですが、こうしてQRコードからWebに誘導することで、ユーザーの追跡と分析をすることができるのです。


次に制作する印刷物から、さっそく試してみてください!



さっそくチラシやDMの効果測定を試してみたい!

効果測定が可能なQRコードの作成方法が知りたい!

そもそもGoogleアナリティクスがよくわからない!

印刷からwebまで、まとめて小西印刷所がお手伝いします。お気軽にご相談ください>>>



 ※QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

お見積り・お問い合わせ窓口

最先端の印刷技術と営業力の融合でお客様のご要望にお応えします。

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせお問い合わせ
ページの先頭へ
Copyright© KONISHI PRINTING CO.,LTD.